くいかじ無料版でプレイしよう!

パチンコに天井はないって本当?遊タイムとの違いやその仕組みを解説

パチンコに天井はないって本当?遊タイムとの違いやその仕組みを解説

この記事では、パチンコに搭載されている機能の一つ「天井」に焦点を当てて、初心者から上級者までのすべてのプレイヤーに向けて解説します。

パチンコの天井とは何か、そして天井を利用して勝率を上げるための戦略について、正しい知識を持つことが大切です。

読み進めることで、天井狙いの基本から、天井と遊タイムの違い、さらには天井到達時の期待値や考えられるリスクなどについての理解を深めることができます。

この記事を通じて、パチンコでの勝利への道をより確かなものにし、遊技を一層楽しむことが可能になるでしょう。

本記事で解説するコト
  • パチンコの天井とは具体的に何を指すのか
  • 天井到達のサインと効果的な狙い方
  • 天井攻略法と期待値の最大化
  • 天井ハイエナ戦略とそのリスク管理
目次

パチンコの天井とは?

パチンコの天井とは?

まずは、パチンコやパチスロにおける「天井」という機能について説明します。

一般的に天井といえば、一定のゲーム数を消化後に救済措置的な意味合いで、大当たりに当選するような状態をいいます。

しかし、パチンコにおいては内部的な仕組みから、強制的に大当たりに当選させるということが基本的にはできないシステムになっています。

極端な言い方をすると、天井機能の存在しないパチンコを遊技中には”ハマり続けて永遠に大当たりが当選しない”という事態が起きてしまうことがあるかもしれません。

天井の概念とその重要性

天井機能が身近な存在になってきたのは、パチスロで4号機がブームだった2000年頃からの話です。

天井は当初から救済機能の一環として存在し、機種によっては出玉に直結するほどのゲーム性の中心になっているものもありました。

天井は、当時のパチスロの人気を支える理由の一つになっていたのです。

一方でホール側としては、まずはお客さんにお金を使って遊技してもらわないと商売としては成り立たちません。

パチスロの場合、低設定ばかりを使っていてはお客さんは台を打ってくれないのです。

天井機能を搭載している機種であれば例え低設定台であっても、いくら使えば必ず当たるという側面から稼働に繋がるのです。

一方のパチンコでは、その台を出すのか出さないのかという目安は、あくまでも釘調整によって決まります。

パチスロと違って、ホール側のさじ加減一つで稼働や売上を調整可能なので、わざわざ台自体に天井機能を搭載する必要がなかったのです。

あわせて読みたい
パチンコの時短とは?確変(ST)との違いや確率等に関してわかりやすく解説 本記事では、パチンコの時短について、初心者からベテランのプレイヤーまで全ての読者に向けて詳しく解説します。 時短の仕組みを理解することで、パチンコの楽しみ方が...

天井システムの仕組みと目的

天井システムを搭載している機種では、打ち手が極端に大きくハマった場合に大当たりが発生しやすい状態になります。

つまり打ち手としては、大きくハマっていたとしても天井状態に突入することで状況が一変し、それまでの敗北感から一変して勝利への希望を持つことができます。

天井システムが存在することは、パチンコにとっては打ち手が遊技を続ける理由の一つになります。

またパチンコやパチスロに詳しくない打ち手であっても平等に、天井までハマることで大当たりの可能性が増します。

天井が存在することで、特定の打ち手だけが敗北感を味わうことが無いように、どの打ち手であっても公平にパチンコやパチスロを遊技することが可能なのです。

つまり天井システムは、打ち手にとってはモチベーションの要因となり、ホールにとっても遊技の公平性を提供しながら稼働を高める要因となる重要な要素の1つなのです。

パチンコの天井と遊タイムの違いを解説

パチンコの天井と遊タイムの違いを解説

天井システムは一般的に、パチンコよりもパチスロの機能として広く認識されています。

パチスロで天井機能を搭載している機種では、大当たりに当選せずに天井発動ゲーム数まで大きくハマってしまった場合、強制的に大当たりが発動します。

他にも、RT状態に突入することで大当たりまでの投資を抑えるような天井など、打ち手にとってメリットになる様々なサポートが発動するのが一般的です。

パチンコの遊タイムについて解説

一定のゲーム数の間大当たりに当選しなかった場合でも、ほとんどの機種では天井機能として大当たりそのものが強制的に発動するようなシステムは、ほぼ存在していません。

その代わりに一部の機種では、遊タイムとよばれる救済ゾーンに突入する機能があります。

遊タイムとはパチンコで特定ゲーム数のハマりを契機に、時短機能が発動することで次回の大当たりまで持ち玉をほとんど減らさずに遊技可能な状態です。

救済機能を搭載している機種では、遊タイムの発動イコール次回の大当たりを高確率で獲得できる状況となるのです。

パチンコにおいては、遊タイム発動が実質的な天井のような存在になります。

パチスロの天井と異なる点として挙げられるのは、大当たりを獲得できないまま遊タイムが終了してしまう場合もあることです。

遊タイムのゲーム数は予め決められている場合がほとんどで、そのゲーム数に大当たりを獲得できなかった場合には、台は再度通常状態に戻ってしまうのです。

高確率で次回の大当たりが狙えるとはいえ、決して大当たりが約束されたものではない点には注意が必要です。

パチンコの天井到達時のサインと見極め方

最近のパチンコのほとんどの機種では、天井が近づいたことを打ち手に知らせる演出を搭載しています。

また天井状態に突入した際にも通常とは異なる演出が発生するので、パチンコの天井について知識が無い場合でも、打っている台を辞めてしまうような心配はありません。

多くの台では遊タイム発動まで「残り◯回転」といったような注意書きが液晶上に表示されたり、BGMが変化するなど視覚や聴覚で分かりやすく状態を示唆するケースがほとんどです。

天井に近づいていることを示す演出をしっかりと理解することで、投資するタイミングを適切に判断し、効率的に遊技を進めることが可能になります。

そのため、パチンコを遊技中には、現在のゲーム数をしっかりと意識し、機種ごとの天井情報を事前に把握しておくのが重要です。

あわせて読みたい
パチンコの全回転とは?発生確率やはずれる場合などに関して解説 パチンコには様々な演出が搭載されていますが、その中でも最も嬉しいのは大当たりが濃厚になる「全回転」演出です。 機種によっては大当たりが濃厚になる以外にも、確変...

パチンコの天井狙いのリスクと期待値

パチンコの天井狙いのリスクと期待値

パチンコやパチスロで勝つためには、期待値を知るのが最も大切なことです。

パチンコの天井、つまり遊タイムを狙う立ち回りを行う際にも、その台の期待値とリスクを把握することは重要な部分です。

遊タイム中に高確率で大当たりに当選するとはいえ、毎回浅いゲーム数から天井狙いをしてしまえば勝つのは困難になるでしょう。

台によって何ゲームから遊タイムを狙えば期待値がプラスになるのか、そのボーダーラインは様々です。

打ち始める前にスマホを使って、パチンコ台の天井期待値を調べる習慣をつけましょう。

期待値を最大化する戦略

パチンコの天井狙いで期待値を最大化するためには、天井までの残り回転数がより少ない台を選び、十分な期待値を得るのが可能か判断することが大切です。

台ごとの天井システムの詳細を理解し、各機種の特性を活かした戦略を立てましょう。

その際に注意しなければならないのは、天井への残りゲーム数のカウントがどの段階からスタートするのかということです。

  • 新台初日であれば0回転からカウントが始まるのか
  • 当日の当たりが0回の台であれば、前日は何回転で辞められているのか
  • 前任者が大当たり後に辞めている台であれば、遊タイムまでのカウントには時短回数やST回数は含むのか、含まないのか

状況はその時々によって変化しますし、スペックも機種によって様々です。

判断力や理解力を身につけるためにも、まずは良く行くホールに多く設置されている機種や、良く打つ機種の特性をしっかり学びましょう。

遊タイムに関する正しい知識も持ち合わせることができれば、期待値を考えながらパチンコの天井狙いをする立ち回りが可能になります。

狙い時と避けるべきタイミング

パチンコで天井狙いをする場合には、狙い時と避けるべきタイミングを見極めることが重要です。

狙い時の最適なタイミングは、ホールに人が多く集まる週末や夕方以降の時間帯のような稼働の増えやすい時間帯です。

稼働の高いホールほど天井に近い台を狙える状況には、多く遭遇できます。

ホールが還元をするとされる特定日やイベント日も、自然と稼働が高くなるため狙い目となります。

逆に、避けるべきタイミングは、1,000円当たりの回転数が極端に悪い台であったり、天井までのゲーム数が遠い状態の台です。

前日に大ハマリした状態で閉店を迎えた台を、翌日の朝から狙う場合にも注意が必要です。

ホールによっては、ラムクリアのような対策を行う場合もあり、その際には本来の期待値を見誤ることになります。

よく行くホールの打ち手のレベルや混雑する時間帯を把握し、さらには台の特性やホールの傾向を探ることで、期待値の無い台を打ってしまうリスクを避けるように心がけましょう。

ハイエナプレイの効果的な方法

ハイエナプレイはパチスロに限らず、パチンコでも効率的に収支を伸ばすための効果的な戦術の1つです。

ハイエナの立ち回りを成功させるには、ホールに設置のある各台の状況を瞬時に把握して、特に天井を狙えるゲーム数で辞められた台をいち早く見つけ出す観察力が求められます。

ホールを巡る際には台のデータ機を確認し、その日の大当たり回数やゲーム数をチェックするのが不可欠です。

天井が狙えそうな台を発見したら、その台の特性や大当たりした際に獲得できる平均出玉、天井までの平均投資金額などを考慮して、期待値があるかどうかを早急に判断する必要があります。

また、同様にハイエナの立ち回りをしている他の打ち手の行動も、意識する必要があるでしょう。

天井性能の高い機種や、天井に近い台を打っているにも関わらず明らかに辞めそうな打ち手の着席している台は他の打ち手も注目しているため、素早い行動が求められます。

露骨にそういった台の周囲を徘徊するような行為は、ホール店員に注意人物として目を付けられてしまう可能性もあるので、自然な振る舞いをするように注意しましょう。

あわせて読みたい
パチンコの先読みとは?先読みのカスタムや各台の特徴を徹底解説 「先読みって聞くけど、なに?」 「先読みのカスタムの意味がよくわからない。」 「各台の先読みに特徴なんてあるの?」 このような疑問を持っている方もいるのではない...

パチンコの天井とは?:まとめ

パチンコの天井とは?:まとめ

パチンコの天井システムは、打ち手にとっても大当たりを獲得できる可能性が増す嬉しいシステムです。

同時に、高確率で大当たりに当選することが可能なため、期待値に基づいた立ち回りを意識するには非常に効率的な狙い目になります。

天井と遊タイムの違いを理解し、機種によって異なるシステムを上手く活用することで、パチンコを遊技するうえでの勝率を高めることができます。

重要なのは、天井があるとはいえギャンブルとしてのリスク管理を怠らないことです。

天井が近いからといって必ずしも利益が出るわけではないため、予算を超えるような過度な投資は可能な限り避け、計画的な遊技を心がけましょう。

あわせて読みたい
パチンコゲームサイト・アプリおすすめ7選!PC・スマホで無料プレイできる 「無料かつおすすめのパチンコゲームを教えて!」 「PC・スマホでできる人気のパチンコゲームってどんなものがあるの?」 このような疑問にお応えして、今回は「PC・ス...
パチンコに天井はないって本当?遊タイムとの違いやその仕組みを解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次